2016年9月16日(金)

お月見と重陽・小学生の食卓育

昨夜は中秋の名月。
我が家は曇りで残念ながら、お月見できず、でしたが、
9月初めの『未来のママのための食卓文化の食育教室』は、やはり、重陽の節句とお月見!

毎年飾り付けも、重陽・お月見のダブルのディスプレイ。
重陽は菊の被せ綿に菊酒に見立てた菊りんごジュース(子供ですからね)。
お月見は、もちろん三方にのせたお月見団子と、
秋の収穫の感謝を込めて、里芋・梨・ぶどうをお供え。
そしてウサギの絵入りの可愛いミニチュアの臼と杵。
ほんとは欠かせないススキですが、お教室は時期が早く手に入らずワレモコウ。
ススキと月は、手ぬぐいで楽しみます。
お月様みたいな真ん丸団子を丸めて茹でて、
みたらしあんを作り、からめていだだきます♪
さて、実際のお月見で、名月にお供えしたお団子、食べるタイミングは?と、よく聞かれます。
東から昇った名月に、まずはお供えをし、しっかり月を堪能したら、もう、お口へどうぞ。
だって月が見えなくなってから食べても、ねえ♪

〒154-0022 東京都世田谷区梅丘2-33-30
小田急線梅ヶ丘駅 徒歩8分
東急世田谷線松陰神社前 徒歩15分
Tel : 090-3433-7173
e-mail : foodstyling2008@w9.dion.ne.jp

日本和食卓文化、日本和食卓育、ジャパニーズ・フードスタイリング・カルチャー は、一般社団法人日本和食卓文化協会の登録商標です。

料理のある風景フェイスブックページ
ページのトップへ戻る