2015年4月19日(日)

竹の子と蕗料理を作る!春の小学生の食育

4月1回目の『未来のママのための食卓の食育教室』は、
春の野菜・果物を実際に実物を見ながらのお勉強と、
昆布・鰹節の合わせだしの、一番だしと二番だしの実習・味比べ、
そしてそれぞれのだしを使っての、
竹の子と蕗の煮物・竹の子の土佐煮の実習と味比べ。
超盛りだくさん♪
まずは材料の勉強から。
二種類の煮物はだしも調味料も違います!


春の野菜・果物のお勉強。
はっさくはお肌ツルツル、夏みかんはお肌ゴツゴツ、デコポンはデコ!(-^〇^-)
特長を覚えて記憶します。


今回のメイン食材は、竹の子と蕗。
竹の子は食べたことがあっても、蕗って意外と食べたことない子供が多い。
お母さんに聞くと、下ごしらえが面倒な上に、子供が食べるか?
わからないから避けていたと。
竹の子の茹で方を学び、皮のむき方・切り方を実習。


蕗は板ずりして茹で、皮をむきます。
子供ってこの蕗の皮むき、けっこうハマる!


ぜひお家でもやって欲しいなあ(-^〇^-)
お味は?好き!と苦手・・二つに分かれました。
ちなみに我が家の小3・1の娘たちは、蕗が大好きハート(トランプ)です。
調味料を計って煮マース!
土佐煮の鰹節も炒って、いい香り。出来上がったら竹の子を絡めます。


一番だし、二番だしも味比べし、二種類の竹の子の煮物も味比べ。
春のお味を満喫です♪

〒154-0022 東京都世田谷区梅丘2-33-30
小田急線梅ヶ丘駅 徒歩8分
東急世田谷線松陰神社前 徒歩15分
Tel : 090-3433-7173
e-mail : foodstyling2008@w9.dion.ne.jp

日本和食卓文化、日本和食卓育、ジャパニーズ・フードスタイリング・カルチャー は、一般社団法人日本和食卓文化協会の登録商標です。

料理のある風景フェイスブックページ
ページのトップへ戻る